HOME » もう常識?!妊娠のための鍼灸治療とは » 治療の期間と流れ

治療の期間と流れ

不妊鍼灸療法における一般的な治療の流れと、各過程の内容についてまとめました。針治療が不妊にもたらす効果や、通院期間の目安についても触れています。

鍼灸による不妊治療の流れと効果・期間

鍼灸による不妊治療の流れ不妊鍼灸治療の一般的な流れと、各過程の内容についてくわしく解説しています。

鍼灸院によって治療の方針や方法などは異なりますが、おおまかな流れを把握しておくと安心ですよ。

問診

問診では、これまでの不妊治療の内容・経過・検査結果について確認します。また、不妊以外に感じる症状や不調、食生活や睡眠の状況などがあれば、細かく伝えておきましょう。
鍼灸治療では不妊という主訴に関する部分だけでなく、全身の状態をしっかりと把握することが診断・治療の精度に繋がります。

カウンセリング

問診をもとにカウンセリングを行い、心身が抱えている問題を具体的に把握していきます。
質問の中にはプライベートな内容が含まれていることもありますが、一見無関係に見える部分に不妊の原因が潜んでいるケースもあります。
不安や疑問があればその都度質問し、納得がいくまで説明・相談をするようにしてください。

診察

身体の状況をより詳しく把握するため、脈診・舌診・腹診を行います。これは、脈の数や流れ方、舌の形・色、腹部の温度や張りの状態などを診て、心身のバランスを確認する東洋医学的な診断方法。
とくに、不妊の場合は腹部に冷えや圧痛を訴えることが多いため、念入りな診察が行われるようです。この診断結果と問診・カウンセリングの内容を照らし合わせ、最終的な治療プランの組み立てが行われます。

鍼灸治療

治療プランが決定したら治療スタート。身体の状態を改善していくためのツボに、鍼やお灸で適度な刺激を与えていきます。
鍼治療で使用される道具にはさまざまな種類がありますが、ほとんど痛みは感じないので安心。感じるとしても、ほんの少しチクッとする程度のようです(個人差あり)。
どうしても怖いという場合は、刺さない鍼で治療を行ってくれるところもあるので相談してみましょう。

お灸にもさまざまな種類があり、身体の状況に合わせて治療方法を選択していきます。
お灸というと「痛い・熱い」というイメージですが、痕(あと)つくらずに心地よい温度で治療できるものもあります。
この他、鍼灸院によっては整体・マッサージ・温熱療法・低周波治療器などを組み合わせていくことも。

方針決定・生活指導

施術後は身体の状態をチェックし、今後の治療方針を詳しく決定。体質や不妊症状の改善に必要な、生活習慣・食生活についての指導も行われます。
鍼灸院によっては、自宅でできるお灸の仕方や、ストレッチなどを指導してくれることも。指導内容に沿って生活習慣を変えていくことで、より高い治療効果が期待できるようになります。

治療にかかる時間と期間の目安

一般的な治療は以上のような流れで行われ、時間としては1回につき40~60分が目安。身体の状態・生活スタイル・鍼灸院の方針によって通院回数は異なりますが、多くの方は週1~2回のペースで施術を受けているようです。

鍼灸治療の効果が出るまでには、最低でも6ヵ月の期間を見ることが必要。慢性化した体質を改善していくのに2ヵ月、内臓機能や自己治癒力等を高めていくのに3ヵ月、よい状態をキープするのに1ヵ月が目安です(個人差あり)。

ただし、高齢の方やホルモンバランスの悪い方、長期間不妊治療(高度生殖医療)を繰り返してきた方などは、治療期間が長引く傾向にあるようです。

決して焦らず、自分の身体と前向きに向き合い、じっくりと体質改善に取り組む姿勢が大切です。

注目 病院での不妊治療の効果をさらに高めてくれる大阪の鍼灸院BEST5はこちら
Pagetop