30代

30代で不妊治療に鍼灸を取り入れ、妊娠した方からの口コミをまとめました。不可能と思われていた自然妊娠に至った方、体外受精前の身体づくりのために通った方など、さまざまな体験談をチェックして。

30代の不妊鍼灸治療体験談

妊娠に必要な子宮・卵巣機能や女性ホルモンの働きは30代から低下し始めるため、この年代で不妊を訴える方はとても多くなっています。
鍼灸治療は病院での不妊治療の効果を高めたり、リラックス効果で精神的な負荷を軽くする働きがあり、2つを併用することで高い効果が期待できるのです。

不可能と思われていた自然妊娠が判明

不妊クリニックの方針でタイミング法を続けていましたがうまくいかず、妊娠しやすい身体づくりと卵の質を向上させるため、鍼灸院での治療を始めました。鍼やお灸は初めてで不安でしたが、丁寧な説明とソフトな治療でとてもリラックスできたのを覚えています。

鍼灸院に通い始めてからは自分でもビックリするほど順調に治療が進み、3ヶ月後には自然妊娠できました。「もう人工授精しかない」と言っていた医師も驚いていました。妊娠後の経過も順調、2人目を希望するときも通わせてもらおうと思っています。

身体の冷えが取れたことで体質が改善

30代の不妊鍼灸治療体験談

5年間という長い時間を不妊治療に費やし、最後の手段として体外受精をすることに。その頃、「妊娠しやすくするためなら何でもやってみよう」という思いから、鍼灸院での不妊治療もスタートさせました。

施術後は冷たかった手足が驚くほどポカポカし、心も身体もスッキリ!疲れやすかった身体がイキイキとし始め、不妊治療中とは思えないほど元気になれたんです。
辛い不妊治療にも前向きになれ、2回目の体外受精で赤ちゃんを授かることができました。夫婦ともども大感謝です。

2人目を妊娠する前の準備として

1人目の出産が難産で、その後も体調がすぐれなかった私。常に寝不足・疲れ・冷えなどを感じており、2人目の妊娠を望んでから3年経ってしまいました。
「もっと赤ちゃんが育ちやすい身体にならなくては!」と思い、一念発起で通い始めたのが鍼灸院です。

丁寧な診察で自分の身体を客観的に知ることができ、やはり体質改善は必須だなと実感。鍼やお灸はあまり得意ではなかったのですが、続けるうちに冷えや疲労などの症状が軽減し、その効果に驚かされました。精神的・身体的にも安定し、約半年後に念願の2人目を妊娠することができました。

通うたびに心と身体が元気になる!

結婚してから2回ほど妊娠反応が出たのですが、継続できずに流産してしまいました。
「もしかしたら赤ちゃんが育ちにくい体質なのかも」と思い、情報を調べているときに見つけたのが不妊専門の鍼灸院です。

診察の結果、血行不良による冷えが重いとのこと。身体が冷えていると子宮などの機能もうまく働かず、妊娠の継続率が低くなってしまうんだそうです。
その後は、生活習慣の改善と週2回の鍼灸治療を実施。通うたびに身体が元気になっていくようで、心も軽くなっていきました。今はめでたく妊娠7ヶ月、母子ともに健康です。

注目 病院での不妊治療の効果をさらに高めてくれる大阪の鍼灸院BEST5はこちら
Pagetop